Interview

インタビュー「SAKURABAKERY 社員 渡邉 健資」

ホーム » 採用情報 » スタッフインタビュー「SAKURABAKERY 社員 渡邉 健資」

入社したきっかけはなんですか?

去年の3月に県外の大学を卒業して新潟に戻ってきました。行きつけの美容院のお姉さんから占い師を紹介してもらい、占い師の方から転職サービスの話を聞いてすぐ繋げて頂き、転職サポートの方からの紹介でこのサークルセブンに繋げていただきました。全て良きご縁だったと思います。

仕事の楽しさややりがいを教えてください。

レシピ通りに焼成しても微妙な焼き具合や成形があります。毎日のようにパンの状態が変化するデリケートな生地なので、全て調節しきって焼き上げた時に出来た楽しさとやり甲斐を感じます。

いままでの仕事で一番大変だったことはなんですか?またどのように乗り越えましたか?

GWが特に忙しく、パンに関する事が無知だった時に講師の先生がパンの知識やレシピなど50種類以上を5日間で完璧に覚えてお客さまにひたすらパンを提供していたことです。全てを覚えることが大変かつ周りの状況やパンの個数を把握して成形や焼成をしなければならなかったのでとても大変でした。早く覚えるために帰宅後毎日ノートに商品名、作業工程、焼成時間、トッピングなどを書き続けてひたすら実践し、短期間で取り扱いをしている商品情報を全て覚えることができました。

入社してから一番成長できたことはなんですか?

作業工程が多くても、状況を整理して冷静に判断できるようになったことです。会社の経営理念である元気、本気、根気を常に意識して行動に移せてること。忍耐力や向上心が更に芽生えたこと。パンの気持ちになって考えるようになったこと。特に商売人として成長したと身に沁みて思います。

CIRCLE.SEVENの好きなところはどこですか?

みんなが自然と集まり、和気藹々と楽しみながら食に命を捧げる姿勢。みんなの幸せは全員の幸せ。なんでも言い合える環境。やりたいことがあったらすぐ相談して実行できる臨機応変さ。社長も社員もパートさんも家族みたいな関係であるところがサークルセブンの良さだと思います。

あなたが目指す目標を教えてください。

今の状況に自惚れず、少しずつ変化し続ける日常や働ける喜びに感謝すること。新たな策がないか考えて実行に移すこと。些細な変化を楽しむこと。常に高みを目指すことを意識して臨機応変に対応することが今後の目標です。

この仕事に向いている人はどんな方ですか?

忍耐力、向上心、常に謙虚である人が向いていると思います。特に慌てず冷静に、根気よく続けられる人が1番合っていると思います!